×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

実用英語検定の対策

実用英語技能検定は1級から5級まであり、当然ながらレベルによって概要も違ってきます。
【1級】大学上級レベル
◆一次試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)
筆記(マークシート(いかに効率よく塗りつぶすかも、試験対策としては大切でしょう))100分・リスニング30分
◆二次試験
質疑応答(スピーキング)10分
【準一級】大学中級レベル
◆一次試験
筆記(マークシート)90分・リスニング25分
◆二次試験
質疑応答(スピーキング)8分
【2級】高校卒業レベル
◆一次試験
筆記(マークシート)7五分・リスニング25分
◆二次試験
質疑受け答え(スピーキング)7分
【準2級】高校中級レベル
◆一次試験
筆記(マークシート)65分・リスニング(語学を学ぶ上では絶対に欠かせない、最初のステップともいえるでしょう)二十五分
◆二次試験
質疑応答(スピーキング)6分
【3級】中学卒業レベル
◆一次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)
筆記(マークシート)40分・リスニング25分
◆二次試験
質疑応答(スピーキング)5分
【4級】中学中級レベル
◆一次試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)
筆記(マークシート)35分・リスニング25分
【5級】中学初級レベル
◆一次試験
筆記(マークシート)25分・リスニング20分
中学生や高校生が受ける場合には、特に大きな対策も必要なく、準2級レベルの試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)なら、日頃の授業に支障がなければ、まず問題ないと言えます。対策が必要になってくるのは、やはり二級以上の試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)になります。特に、1級の取得はたいへん困難でしょう。

中には、専門の英語教室に通って対策を行う人もいるようですが、独学(参考書選びや勉強方法などは、ある程度、合格した人の話を参考にした方がいいかもしれません)で勉強する人もたくさんいます。英検取得用の専用書籍や問題集なども販売されているので、そのようなものを利用する人も多いです。それに、スピーキング力とリスニング力のためには、英会話教室(何かを教わるのであれね、そのクラスの人?も重要になってきます。)や留学など、直接英語(昔、家でのドリッピーをやってました)に触れる機会が必要となります。

実用英語検定ってどんな資格

英語関係の検定や資格は沢山ありますが、その中でもたくさんの人が受験する有名な資格といえば、実用英語技能検定でしょう。実用英語技能検定ではピンと来る人も少ないかもしれないですが、英検といえば殆どの方がご存知だと思います。おそらく、中学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)や高校生の時に受験した人も多いのではないでしょうか?

では、実用英語技能検定とはどんな検定かと言いますと、日本英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)検定協会が実施している検定で、英語(楽天では社内の公用語になるらしいです)の実用技能である「読むこと」「聞くこと」「話すこと」「書くこと」の能力を判断する内容になっています。日本では、一番大きな英語の検定資格です。実用英語技能検定は、中学校初級レベル程度の5級から大学上級レベルに相当する1級まで、7段階の検定があります。履歴書の中で資格としての効力が出るのは、一般的には2級以上とされており、特に英語力を発揮できる職場を望む場合には1級取得が望ましいでしょう。

最近では、企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)のグローバル化が進んでいるかもしれませんね。国内企業でも、社内公用語の英語化を推進している会社も出てきていますよね。今後、英語力はますます必要になってきますし、英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)力を重要視する企業が増える事は必至です。そんな時に英検の資格は有利に働きますから、是非取得を目指したいものです。就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)先としては、特に英語関係の職業でなくても重要視する企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)は多く、特に大企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)の場合には重要視する傾向が強くあります。中でも、事務系では重要視される傾向が強く、国家公務員の場合も英語力が重要視されるのです。

資格という言葉を聞くと勉強方法とか記憶術とかにどうしても意識がもっていかれます。自分の勉強方法がキチンと確立していれば良いですが、もし自分の勉強の仕方に疑問があるのでしたら正しい勉強方法をマスターする事は大切ですよ。資格試験を最短で合格する勉強法は確かに存在しますからね。チェックしておいても良いでしょうね。マインドマップ勉強法やノーストレス勉強法といった勉強方法が万人向けだと思います。

>>ノーストレス速読勉強法の詳細をチェックしてみる!