×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語の勉強のコツ

大学受験の英語(6年以上もやってなんでしゃべれないんでしょう)の勉強のコツを挙げるとしたら、次の4つなのですね。

・単語(とにかく?をたくさん覚えることで、語学の習得につながっていくでしょう)はひたすら暗記(単語帳のようにカードに書く方法、語呂合わせを使って覚えやすくする方法などがあります)
・文法を覚える
・長文は問題集(できれね答えの解説がわかりやすいものを購入するといいかもしれません)で克服
・リスニング(専用の教材が売られているほど、近頃では一般的になってきていますね)はラジオなどを使う

英語(楽天では社内の公用語になるらしいです)で点数を取るには、英単語をしっかりと覚えないといけません。英単語が分からないと問題を解くことができないので、ひたすら暗記するようにしてください。

書いて覚えるに限った事ではなく、実際に発音することも大事です。また、英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)と日本語では文法が全く違うので、正しい文法をマスターしましょう。

文法さえマスターできれば、長文も問題なく解くことができます。長文が苦手っていう人は、問題集(収録している問題の?も大切ですが、解説がわかりやすいかも重要でしょう)を徹底して解いて、慣れる事から始めてください。

問題集を何冊もこなしていくうちに、長文が苦ではなくなるはずです。そして、リスニングは英語のラジオなどを聴いて、耳を英語に慣らすようにします。英語を聞いたと同時に、その情景や物が頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)にイメージできるのが理想です。

英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)が苦手という方は、こういったポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)を意識して、勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)をするようにして下さい。